ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2015年11月8日日曜日

モンロー研究所公式プログラム「スターラインズ2」受講中♪

こんにちは、あべです!

現在、千葉県は九十九里浜に潜伏中!!!

えー? バリのあとは福岡、草津、勝浦、大阪・・・。

そして今度は九十九里??

どんだけあちこち行ってんやと。

本当~、自分でもそう思う。

で、今度は何してんのかっていうと・・・。

じゃん!!



ヘミシンクのセミナーに参加しておりやっす。

わーいわーい。

もう、楽しくてたまらない。

どんなセミナーかっていうと、ヘミシンクを研究開発しプログラム提供をしているアメリカ・ヴァージニア州にあるモンロー研究所の公式プログラム『スターラインズ2』でございます。

あ、これ、前のブログでもちらっと書いたよね。

日本でモンロー研の公式プログラムを提供しているのは、アクアヴィジョン・アカデミーだけで、5つある(日本で受けられる)公式プログラムの一番上のコースです。

これは、地球体系を出て、宇宙も飛び越えて、四次元、いや多次元を探索するというコース。

一口では言い表せないんだけど、しかし、いうなれば結局は自分自身、そして人類意識すべてを根底からさまざまな方法でクリアリングして、失われた意識のかけらを取り戻して統合していくような、そんなコースです。

その過程で、多次元宇宙や意識の世界を探求し、自分の体験を通して知っていくような内容…。

非常~に奥深いです。

すごくアカデミックだと思うし、本物だし、真理です。

参加者の方もすごく知識レベルが高く、また意識の世界の理解も深く、現実世界でもそれなりのお仕事や地位を持たれている方が多い(何しろ受講費高いしね!笑)

なので、出る質問やシェアもすごく勉強になるし面白いです。

このコースを開発し、今回もトレーナーとして日本に来てくれているのが、フランシーン・キング女史。

フランシーンは30年以上、アメリカで心理療法士として活動し、またモンロー研究所のプログラム開発やトレーナー活動に従事してきた方。

こんな多次元レベルを体験を通して知り人類意識に貢献するようなすんごいプログラムを開発してしまうのだから、(当然)普通の人ではありません。

私がみると、フランシーンの周りにはETI(地球外知的生命体)がたくさんいるし、実際、ガイドやETIなど高次の存在のガイダンスによってこのプログラムを開発したそうです。

(ETIもいるが、モンローさん(開発者のロバート・モンロー)も真上にいた、やはり)

でも、すっごく愛にあふれていて飾らない素敵な方なんですー。

こちら。


隣におられるのはヘミシンクの国内の第一人者、坂本政道さん。

通称マス。

マスが10年前に日本人を通訳付きでモンロー研究所に連れて行ってくれるというツアーをはじめて、そのあと国内でモンロー研究所公式プログラムを受けられるような場を整えてくれて、日本人の意識の拡大にものすごい貢献してくださっているなーと、改めて今回感謝の念が…。

本も面白いし、情報が素晴らしいし、でも本当に飾らない人柄でやっぱりすごいなと。

ちなみにこれ、マスの新刊。


待ちに待っていた『覚醒への旅路シリーズ』の二作目。

前回の『覚醒への旅路』が面白すぎたので、シリーズ二作目を待っていたよ!

しかも、まだ本屋さんに並ぶ前だそうで、ワークショップ会場で買えた!

嬉しかー。

読みたいんだけど、ワークショップがハードで朝は8時から、夜は23時近くまでびっしりプログラムが入っているので、とても読む時間がない…。

帰ってからのお楽しみにするわ。

なんかさ、一つの団体、一人の識者に傾倒しすぎると、やや宗教がかってきて私はあまりそういうの本当は好きじゃないんだけど(いや、だいぶクレッグには傾倒しているが・笑)、やっぱり本物で素晴らしいものにはアツくなってしまうんですよ。

本当、スピリチュアルの(実地的)勉強は、これだけで十分っていう気持ちになります。

独学的にいろいろな本を読むのは、やっぱり大事と思いますが。

セミナーではヘミシンクを聞くだけじゃなくて、物理学や形而上学、また宇宙科学や古代文明の紐解きに関するビデオを見たりパワポによるレクチャーがあったり、すごく幅広いです。

その中で、ガイドやETIとつながってガイダンスを得ているフランシーンから生の情報ももらえて、もう、授業にかぶりつき。

あんなに学生時代、もへーっとして授業内容が右から左だったのに…。

今は全部PCで必死にノート取ってます。一言も聞き漏らすまいと。

で、セミナー中にフランシーンが言っていたゼカリア・シッチンの本も即アマゾンで購入。

シッチンは以前、クレッグにも言われていて、読みたいなー、読まなくちゃと思っていた著者だったので、忘れる前にとソッコー(笑)。

自分の成長のためっていうのももちろんあるが、とにかく面白いんだわ。

さて、ヘミシンク体験はというと…。

初日は午後からスタートで、これまでの復習。

「F27の自分のスペシャルプレイスに行く」「F27と地球コアの間を行き来する」「F34/35に行く」という3本。

ヘミシンクの世界観を知らない方にはいきなり「F27」って言ってもわからないかもだけど、無視して進めます(笑)。

すいません。

詳しい説明はこちらのサイトをご覧あれー。

めぼしい体験は…。

2本目の「F27と地球コアの間を行き来する」というセッションで、地球コアからエネルギーの綱を伝ってF27に上がる最中に、誰もいない列車の中で戸惑って不安がっている2人の女の子に遭遇。

本当に今時のかわいい20代の女の子で、白いニット帽をかぶっていて、「書籍がなくなった」とかなんか言っていて、困ってそう。

よくわからないけど、リトリーバル(救出)したほうがいいのかなと思い、車に乗せてF27へ。

ちょうどガイダンスが「F27、F27」と言ってF27への到着を告げてぴったりで、そうしたら二人は秋の草原の中を気持ちよさそうに散歩していた。

気づくと私の周りにヨーロピアン風の外国人がたくさんいて、夜、パーティのさなかのような雰囲気。

そんなに大騒ぎではなく、ざわめいていてかすかな音楽とお酒と。

秋の気配がして、そこにいる人の多くがニット帽をかぶっていた。

一人、若いヨーロピアンの男の子が話しかけてきて、話そうと思ったら「地球コアに行くように」というガイダンスの指示が…。

で、「また来るね」と言い残して地球コアへ。

それからまたF27に戻ると、秋のヨーロッパの街中。歩いている人がニット帽かぶっている。

また別のシーンでヨーロピアンの夫婦が登山かハイキングな恰好をして秋の草原の中にいて、やはり白いニット帽をかぶっている…。

なにこれ、なんで秋のヨーロッパで、なんでみんなニット帽かぶってるの??

よく意味が分からないまま終了。

リトリーバルが必要そうな悲壮な感じには見えなかったけど、どこかヨーロッパの草原で大勢の人が亡くなるとかそういうことがあった、あるいはあるんだろうか??

それとも、何かのメッセージや、何かを象徴しているのかも??

謎っす。

セミナー中にわかるかも。

ていうか、解明したい。

もう一つのヘミシンク体験をシェア。

それは2日目の一本目のセッション。

F34/35に行って、自分の信念体系を手放すという内容。

信念体系とは?

まず、「現実は自分の意識が創る」という、完全無欠の宇宙法則があります。

そう、人生は自分の意識によって創られるもので、誰のせいでもない、自分がすべての出来事を引き起こしているわけです。

しかし、その意識の90パーセント以上は「無意識」で、自分では気が付かない意識。

自分で理解できている「顕在意識」は10パーセントにも満たない。

だから、私たちは自分がどんな信念体系を持っているかに普段は気づけない。

信念体系というのは、価値観や思い込みとも言い換えることができて、自分を幸せにしたり人生に奇跡を起こすようなものもあれば、逆に苦しめたりうまくいかなくさせる「制限」を与えるものもある。

自分がどんな信念体系を持っているかは、自分の現実を見てみればわかる。

すなわち、人間関係で苦労している人は、人とトラブルを起こしたり自分を孤独にさせるような信念体系を潜在意識の中に持っているということ。

そして、それに従って行動を起こすから、現実がそうなる。

あるいは、いつも恋愛でうまくいかない人は、恋愛がうまくいかない価値観や思い込みを持っていて、それに従って行動している。

お金で苦労している人は、お金に関する制限やブロックという信念体系を持っているということ。

この信念体系が作られる原因はさまざまで、生まれた時やおなかの中にいるときのトラウマ、幼児期の体験、親の影響というものから、過去世からくるもの、影響力のある人によるものなどなど。

信念体系による制限が少なく解放されている人…すなわちエネルギーがクリアな人、ブロックが少ない人の場合、現実もだいたいうまくいっている。

つまり、逆説的に、現実は信念体系のモノサシになるというわけ。

「自分には制限を与えるような信念体系はない」と思っている人はけっこう多いと思うけど、じゃあ、現実うまくいってますか?問題ナッシング?と思うと、そんなはずはない。

そのうまくいっていない部分にかかわる間違った思い込みや価値観、すなわちブロックがあるんです。

あなたの場合はどうですか??

私は以前はあっちもこっちもうまくいってなかったけど、最近はだいたいうまくいってる。

うまくいくようになった分、自分のエネルギー状態がよくなってきたんだなーっていう秤にしているけれど。

そんな中でも、ブロックあるなーと思うのは、お金に関して。

収入が不安定だし、稼ぐはしから使ってしまってだいたいピーピーしてるし、人生においてお金の問題にぶち当たることが多い。

明らかに誤った信念体系あるわ…と、改めて思った。

よくよく考えてみたら、「お金を稼ぐ人は自分の利益最優先の利己的な人」「お金を稼がない人は自分より他人を思いやる優しく素晴らしい人」・・・「お金に執着しない私は利己的でなく人を思いやれるよい人」という信念体系があったことに気づいた!

そんなもの持っているつもりなかったけど、よくよく考えてみたら、確かにあるわこれ。

捨てる!こんな信念体系!!

で、セッション中、「じゃあ孫正義は利己的なのか?」「ビルゲイツは汚いのか?」「松田聖子は?」などなど、お金持ちであろうと思われる人を挙げて、「そうじゃないよね」と価値観の書き換えを行う。

そのうち、看護師の格好をした無表情のヘルパーが現れて「はいはい、それも思い込み、これも信念体系、はいそれも手放して」って、信念体系を片端から機械にかけてつぶしていった。

それは「お金を稼ぐのは大変」「楽してたら稼げない」「いつか成功するけど今じゃない」「小さな部屋で十分」「人より自分が幸せになったら申し訳ない」…etc.

「お金を稼ぐのは簡単!」「楽しみながらラクラク稼げる!」「今成功する!いつかじゃなくて、今!」「大きな部屋も気持ちいい!」「人は関係なくて、自分が幸せかどうかだけにフォーカス!」

と、ヘッドフォンをつけながら心で叫ぶ(笑)。

んで、ヘルパーに渡してがりがり砕いてもらった。

セッション後、ふと思った。

いつもトレーナーやニット、カットソー、あるいはブラウスの下に1枚何か、ババシャツかキャミソールを着ないと思って、実際いつも忠実に着てたたけど、これも信念体系じゃん!と。

細身のトレーナーの下にも窮屈だけど1枚着ていて、「あれっ、下に着ないほうが楽でいいなら、着ないでいいんじゃん!」

あまりにもあたりまえだけど、あまりにも習慣になっていて、思いつきもしなかった。

こんなレベルにも信念体系が…(笑)。

そしてシェアの時間に箱に入った丸いお菓子を見つけて「なんだろうこのお菓子?」。

よくよく見たら、「ちんすこう」。

衝撃。

ちんすこうって、細長くて両端がギザギザしている形だと思い込んでいたから、まさかちんすこうと思わなかった。

丸いちんすこうもあるとは…。

ここにも信念体系が(笑)。

もうこれからはどんどん信念体系を手放して、自由意思で自由に自分の人生を創造していく時代。

方位のことや占星術も信念体系かもしれない…と思った。

いや、信念体系だな。

とらわれている限り。

土星が来ているから困難?おとなしくしている?人間関係でもめ事がある???

信念体系やん!!

もう私はこれらの影響を超えていく。

こういうものに影響されない意志を持つ。持った瞬間から影響されなくなる。

私は完全に自由!!

そんな風に意識を書き換えた。

かなり有意義なセッションだったよ…。

みんなも自分の信念体系について考えてみてね。

ほかにもいろいろあったけど、今日は長くなったからこれまで!

明日もまたセッション報告しますー(あさってになるかもだけど)。

思い込みを手放して、自由になって、幸せになろう!

ではね!!