ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2015年7月30日木曜日

鞍馬山は宇宙とつながる場所だった!

こんにちは、あべです!

昨日、初!名古屋発、開運ツアー、行ってきました~。

行先は西・・・で京都!

やっぱ京都いいなー。

なかなか遠いイメージがあって行けないけど、なんと・・・日帰りできるとは・・・。

かなり強行ですが(笑)。

なんか、名古屋にいたはずなのに気づいたら京都にいた!って感じで、不思議感満載でした。

よくわからんけど。

でもって、旅も不思議満載・・・!!!

えー!?っていうシンクロがたくさんあって、なんだかびっくりでした。

グループ的にも、個人的にも・・・。

まず行った先は・・・。

鞍馬山!






鞍馬山は個人的にとっても心惹かれるパワースポット。

なんかここ、ふつーじゃないよなーって思う。

そもそも、鞍馬山にある鞍馬寺に祀っているご本尊が「尊天」。

「尊天」とは、毘沙門天と千手観音、護法魔王尊の三身を一体としたもので、「すべてのものを生かす宇宙エネルギー」のこと・・・。

ここは、650万年前に金星から魔王が降り立ったという伝説が残されているんですよね。

その場所が魔王殿。

で、こちら↓




アセンデッドマスターの一人であるサナート・クマラが1850万年前に鞍馬山におり立った・・・ともいわれていて、このサナート・クマラが魔王だともいわれていますね。

さらには、ハトホル(エジプトのハトホル神。アセンションした集合意識の地球外知的生命体でもある)がサナート・クマラに呼ばれて他の次元から地球にやってきたとき、はじめて降り立った場所が鞍馬山だったとか・・。

そこから宇宙エネルギーを富士山に向かって通し、日本中にエネルギーを流したとハトホルたちは言っています。

さらにさらに、レイキの創始者、臼井甕男(うすいみかお)さんがレイキエネルギーを受け取ったのも鞍馬山で・・・。

とにかく何かある!ここは普通ではない!!

てことで、鞍馬山を登りながらチャネリング。

ちなみにケーブルカーで上るはずが修繕中だかなんだかで止まっており、まさかの登山に(爆)。

そこそこ涼しかったので救われました。

でー。

鞍馬山・・・。

意識を集中しながら歩いていたら・・・。

白い観音様が飛んできた。

で「ようこそ」とか言ってる。

「どうぞついてきてください」と。

ついていくと・・・。

ついた先は・・・ザ・宇宙!

ぽっかり真っ暗な中に宇宙が広がってる!

いろんな星が見える・・・大きな星や細かい屑星まで。

おお!やっぱり鞍馬山は宇宙なんだー。

ていうか、宇宙のポータルみたい。

宇宙の出入り口。宇宙とつながっている場所。

だから、宇宙エネルギーを受け取りやすいんだな。

で、観音様が言う。

「ここからどこの宇宙(どこの星)にも行けます。どこに行きますか?」と。

「えーっと、じゃあ~、私に関係のある星に・・・」

「では、こと座のリラに行きましょう」

「はい」

えーっと、前回書いた、ヘミシンクの「コズミックヴィジョン・コース」の余韻が残りまくりで。

まさかの白鳥座デネブショック冷めやらぬ、他の星の過去世ブログを書いて一睡もせず向かった鞍馬山でまさかの宇宙遭遇。

自分の中に宇宙エネルギーが残っているからこの体験なんかなーって思わなくもないけど、しかし、知覚を開いて起こることを素直に受け止めるとこんな内容で・・・。

あべけいこさん、大丈夫!?

怪しさまっしぐらではーとか(今さら誰も思わないか・爆)思われたら何なんだけどー。

まあ、そんな感じでヘミシンクワークさながら、観音様に導かれてこと座のリラへ。

そこは水が豊かな美しい星で、青い湖があって蓮の花があるイメージ。

でも誰もいない。

シーンとしている。

どうやら高次元の星で、肉体をまとって物質化しなくても意識体だけで住める星らしい。

しかも、高次元の意識体は水の中にいるらしい。

水の中から大黒様がデンデンと出てきて、意識体が物質化するとこんな感じ~??

ここから地球に豊かさの波動を送っているみたい。

最近仲良くしているK女史が出てきて、彼女はサラスバティだと。

(サラスバティからエネルギーが送られている、というようなニュアンスね)

だけど、お地蔵様みたいにコンクリートで固められてる。

石像になってる。

彼女はサラスバティだけど今は繋がりが断たれてるから、繋がれるようにしてあげなさいという。

どうしたらいいの?とガイドに聞くと、触れればいいと。

振動させることで固まった石像の石が、砂のようにさらさら落ちていくからと。

徐々に振動させるほうがいい、一気に壊そうとするとバラバラになってしまうからと。

手で石像の彼女を触るイメージ。

少しずつ砂がこぼれ落ちて来て、そのうち固まってた石が砂場の湿った砂みたいな感じになって、あとは徐々になくなっていく。

そうしたら、ブルブルっと彼女が犬みたいに体を震わせたら砂がみんな落ちて、なぜか彼女は青い皮膚の人になった。

青い半魚人みたいな感じ・・・。

優雅に泳いだり、歌ったりしている。

青いのがいいのかよくわからないけど、色を変えようとしても変わらないので、青いまま光で発光させた。

LINEで「Kさんサラスバティだけど、繋がり断たれてるから繋がれるようにしたった!」と送ったら、「20年前サラスバティから導き来た!」と。

帰京してから話を聞くと、20年くらい前に朝目が覚めると、目の前に「梵天」という字が浮かんでいたんだって。

それで調べてみたら「ブラフマー神」のことで、それがサラスバティのお父さんだということがわかって、それから導かれるように江の島の弁天様を祀った神社にご縁ができて、ずっと通っているのだと・・・。

(サラスバティは日本では弁財天のこと)

やはりサラスバティとご縁があったか・・・。

繋がりが断たれてたのは、彼女が物質界で頑張りすぎてブロックができすぎてカチコチになってたのが原因のよう。

弁天様の神社に通っていても、受け取れるように自分がなってないとなんだね。

余談ですが、9月13日の開運ツアーで、淡島という島にある淡島神社という弁天様を祀った神社に行く予定になっておりますが、彼女はそこにもずっと通っていたそうな(淡島は三島の近くにあります)。

淡島は、別の開運仲間をチャネリングしたときにも出てきて、「これこれこういう島なんだけど、わかるー?」と聞いたら「それたぶん淡島!」ということになって、「そこに行った方がいいみたい」という話になり・・・。

なんだか淡島づいているわけですが。

9月13日の南西への開運ツアーで行くし、マジでこの日はめちゃくちゃいい日だからみんな来てね!

って、宣伝しとくー。まだ詳細アップされてないけど(爆)。

話を戻す。

そんな感じで、もともとやはり彼女はサラスバティと縁があったみたいでした。

彼女のブロックを取り除く必要があったみたい。

そして、リラが本当にそういう星なのかわからないけど、大黒天やサラスバティといった存在がそこにいて(7次元とかそういう高次元の場所なのか!?)、地球にいる私たちにエネルギーを送ってくれたりしているみたい・・・。

鞍馬寺にお参りもそこそこ、山頂でメモメモ。

そのうち、なんだかここで僧侶をやっていたことがあるなーと過去世がフラッシュバック。

私の過去世はなぜか女性ばっかりなんだけど、このときは男性で僧だったみたい。

なんか、好戦的な血気盛んな勇ましい僧侶のイメージ。

ん?僧兵とはまさに弁慶??

私の過去世でなく、弁慶のエネルギーをそのまま感じているだけ??

わからないのでスルー。

魔王殿に向かう道すがら、「次はどこに行きますか?」と道案内(?)をしてくれている観音様。

「じゃあ、やっぱり白鳥座デネブかな」

すると、「ここでやり残したことがある」という言葉が聞こえる。

「やり残したこと??いったいなんだ??」

歩きながらなのでちょっと見えにくいんだけど、どうやら寺みたいな宗教施設で修行を積んでいて、このときも男の子で、あまりにも修行がつらすぎて逃げ出したらしい。

そんな過去世映像が流れてみえる。

でも、この星は宗教と軍事的なものが結びついていてとっても厳しい規則があり、逃げ出したけど捉えられて殺されたらしい。

だから私は寺が好きじゃないんだろうか・・・。

神社は大大大好きなんだけど、寺は暗いし陰気な感じがしてどうしても好きになれない。

前からなんでかなーと思っていたけど・・・。関係あるのかないのか。

でね、ここで私がやるべきことをやらないで逃げ出して殺されちゃったので、その後、助けるはずだった人をぜんぜん助けられなかったんだって。

もし生きて苦しい修行をまっとうしていたら、立派な神官になって、戦って勝利してたくさんの魂を解放したのだと。

やっぱり戦う僧侶のイメージ・・・。

さっき、鞍馬山の山頂でみた自分の過去世とかぶるけど、それは鞍馬寺にいたときの過去世ぽかったから、何がどうリンクしてるのかわからない。

その時やり残したことを地球でやらないといけないっていうイメージ。

すなわち、つらい修行に耐えてパワフルな神官になってたくさんの人の魂を助けるということ。

そんな立派な神官になれるかわからないけど、たくさんの人の助けになれるなら本望だし、それはぜひやらせていただきたいと思う。

人生前半のつらさを修行ととらえれば、頑張ってそこはクリアできた気がする。

そういえば、7/25にクレッグのセミナー中、エネルギーワークをやっているときに、胸のハートチャクラの中から、真っ黒なタールに覆われた怯えた男の人が出て来たんだった。

最初は男か女かもわからなくて、ただ、めっちゃ怯えていて真っ黒なタールを頭からかぶっていておどおどしていて。

どうしたらいいかわからないからガイドに助けを求めると、観覧車に乗せろという。

むりやり胸の裂け目からたくさんの天使で引っ張り出して、観覧車に乗せるイメージ。

まずは、ハートチャクラの真っ黒いタールをお掃除・・・。

キレイな白い光りを浴びせたり水を流したりして完了!

で、観覧車に乗せた人は・・・。

白い光りを浴びせてタールを取るイメージをしているうちに、その人が男の人で、白いローブをまとってウェーブがかかった髪の毛をしていて王冠みたいのをかぶってる姿に見えて来た。

立派な威厳のある神官みたいな姿になって(クレッグみたいな感じ!)、やっと落ち着いてきて「もう大丈夫」と言ってる。

観覧車がてっぺんに到達すると、そこから勝手に出て天上界に上がって、そこの玉座に座って「やれやれ」という感じにみえた。

あー、なんかわかんないけど、第4チャクラのブロックに関係する人を救出したなって思ってた。

過去世の私なんかなーって思ってみてた。

この救出と、デネブの過去世の宗教施設から逃げ出した男と関係があるんだろうか??

わからないけど、リンクはしてる気がする。

ブロックが外れる夢で見たデネブの少女も、宗教施設から逃げ出していたし、何回か同じパターンを繰り返していたのかもなー。

そういえば、書きながら思い出したのだけど、私のガイドの一人の名前が「スワン」だった・・・。

その話は過去ブログで書いてましたね。


スワンというガイドが出てきて、「あなたが本当だったら証拠を見せて」と言ったら、数日後に富士山登山したときの山岳ガイドが「白鳥さん」で、まわりから「スワン」と呼ばれていた・・・という話ね。

まじかー!

このガイドのスワンも白鳥座に関係するのかー!

わからない・・・。

最近、スネーク(龍のガイドでなぜかスネーク・笑)としかほぼつながっていないので・・・。

今度つながってみよう。

話が長くなったけど、そんな感じで内側に入りすぎて足を踏み外して山から落ちそうになった鞍馬山体験でした。

もう一個面白いことがあって・・・。

これ↓


 

鞍馬山を下りて貴船に行ったときに気づいたんだけど、参加者3人が「3」とついたポロシャツを着ていた・・・。

鞍馬寺はさっきも書いたけど、毘沙門天と千手観音と護法魔王尊を三位一体とした「尊天」を宇宙エネルギーとして祀っているお寺。

で、なんでも3と6でくくられていて、この数にすごく縁が深いのだと。

女1人、男2人の組み合わせも尊天と一緒。

なにこれー、びっくり・・・。

でもって貴船神社!







貴船神社はお水に縁が深い神社。

水を司る神様「高龗神(たかおかみのかみ)を主祭神として祀っています。

そのせいなのか!?

鞍馬山では晴れていたのに、貴船神社をお参りするころには雨が降り出し・・・。

そして、不思議なことはこのあとも。

貴船のあとは下界に降りて上賀茂神社にお参りをしたのですが。



上賀茂神社は賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)を主祭神とする神社で、雷除けや電器産業の神様としてあがめられているそうな。

そして、一行がこの神社の敷地に足を踏み入れたとたん、雷が空でゴロゴロ・・・。

雨がザーって降るでもなく、遠くのほうでゴロゴロ~って鳴ってるだけでしたが・・・。

「雷鳴った!」とみんな大喜び。

敷地出たら本当に雷鳴りやんだんだよ。恐るべし。

それから、ただならないパワーを発している義照稲荷社(よしてるいなりしゃ)と、織田信長を祀った建勲神社(たけいさおじんじゃ)へ。





パワフルすぎて!?檻に入っているお狐さま・・・。

本当にただならぬパワーを感じる場所でした。

なんだここ!?





最後に建勲神社をお参りして、名古屋発開運ツアー終了!!

なんだかなー、めっちゃ濃ゆかったなー。

しかし、話はまだ終わらない・・・(また!?)。

京都駅で解散後、大村さんと、ツアーに参加してくれたマヤの紐時の一十栄光(いとうえいこう)先生3人でご飯を食べに行ったら・・・。

後ろの席の人のTシャツにでっかく「33」って数字が(爆)。

そして私たちが座ったテーブルは3番テーブル。

なんなんだ、どこまでも3という数字がついてくるー。

3ってどういうメッセージなんだ、いったい!?

不思議な不思議な旅でした。

最後に、デネブでの過去世を共有したNさんより、こんな情報をいただきまして、怪しい話を締めようと思います(鞍馬山の山頂で受け取った情報!これもびっくらしたよ)。

「NASA、地球のいとこ発見 「ケプラー452b」 はくちょう座の中に存在」

はくちょう座の中に、地球によく似ていて太陽の様な恒星の周りをまわっている惑星を見つけたとNASAが発表した・・・という記事です。

この記事、ちょうど私がヘミシンクセミナーに出てデネブショックを味わった7/24に発表されたようです。

偶然にしては出来すぎ!?

ちなみに坂本さんによると、はくちょう座の中にはデネブだけでなく10個くらい人間が住める惑星があり、坂本さんはそこらへんで何回も転生しているそうです。

はー。

世の中には不思議がいっぱいだね!

まだまだいろいろ探索したいね!

てことで、またね!!