ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2015年3月11日水曜日

開運ツアーバリ報告5~バリイチのバリアン・マンクさんを訪ねる!

こんにちは、あべです!

さくさくっと、バリツアー報告行きます!

さて、バリ3日目。

日中、ヘミシンクワークを行ったことは、先日のブログ通り。

夕方からは、バリで一番すごい能力を持っている!と有名なバリアンのマンク・テジョさんのところに行きました。

なぜ夕方からか?

それは、真夜中にマンクさんのお寺でバリ式の瞑想をするから。

なぜ真夜中なのか?

わからない…(爆)。

正式な(?)バリ式瞑想はそういうものらしい…(たぶん←いいかげん)。

16時にホテルのロビーに集合して出発進行!

途中、バリの聖山アグン山が眺められるレストランで夕食をいただきます。 



じゃん!

こちらがアグン山。

美しいですね!


参加者のみんな&お世話人Tさん、ガイドのスパさんとで集合写真!



レストランはこんな感じ~。



テラスみたいなオープンエアになっていて(ってたいがいのバリのレストランはこうだが)、絶景を眺めながらお食事ができる!

夕方でちょっと寒かった&虫がすごかったが…。

余談ですが、ちょうどこの時期カゲロウが大発生するときで、夕方のあかりが灯るころになるとワッシャーとあかりめがけて大挙して飛んでくる。

ホテルの部屋のちょっとしたあかりでも漏れてると、窓を閉め切っていても部屋の中までもりもりカゲロウが入ってきて大参事になります。

この季節に行かれる方は要注意です。


さて、日もとっぷり暮れて…。

ついにマンクさんのお家に到着!


立派な石の門をくぐります。

この中には、バリ式のおうちらしく、広い敷地の中に壁のない寝室やらリビングやら、いくつにも分かれたお部屋があります。

そしてワンちゃんも。

バリでは鎖につながれていないワンちゃんが多くのお家に見られて、敷地に入るとワンスカ、ワンスカ、怪しい侵入者のごとくしょっちゅう吠えられました…(もちろん、この日も)。

そして入るなり、地面から飛び出ていたでっぱりに突っかかってコケました(涙・またもや)。



マンクさんと大村真吾さん

大村さんは、8年前にひょんなことからマンクさんと出会い、マンクさんに「修行に来い!」といわれて4回にわけてさまざまな儀式を受けたそう。

いわば、師匠と弟子の関係です。


大村さんがバリを訪れるのは数年ぶりで、マンクさんと会うのも久しぶり。

今年97歳(!)で最近はめっきり足腰が弱くなり、目も見えなくなったマンクさん。

久しぶりの弟子の来訪をとっても喜んでいて、二人の抱擁には思わず涙が出そうになった私でした…。


3人でパチリ。

このときはみんな代わる代わるマンクさんと並んで写真を撮って、さながらアイドル撮影会(笑)。

しかし、マンクさんは本当にすごい方で、バリの要人もマンクさんを訪ねて来るとか。

バリではブラックマジックが普通に存在している…という話はチョコルダさんの回でも書きました。

マンクさんはもちろん、ブラックマジックもかけられるし、それをほどくこともできる数少ないバリアンの一人。

ブラックかホワイトかわからないけども、願いをかなえる呪術(?)もできるそう。

しかしこれが怖いのが、「願いはかなえるけど、周りで誰か死んだり障りがあるけどいいか?」と聞かれるそうな。

予定を変えることで、全体の調和が乱れて、どっかにひずみが出るんでしょうね。

日本の行者さんでも、すんごい力のある人はそういうことができるそうですが、代わりに夫や子供に問題が起きたり、別のところでもっと大きな問題が起きたりとか、そういう話をよく聞きます。

無理な願掛けはしないが無難ですね~。

余談でした…。

そうそう、マンクさんはランダの踊り手でもあるそうで、シャーマニックな踊りをトランス状態に入ってされるそうです。

ランダとは、バリの魔女のこと。

悪魔や魔物や穢れなどをつかさどる「魔」の存在。

ヒンズー教ではシヴァの奥さんのドゥルーガと同一とされています。

この話を実はこのときよく知らなかったのですが…。

瞑想中にマンクさんをリーディング(チャネリング)してみたところ、緑の魔物的な存在に見えて、その力があまりにも強すぎてオソロシイ…と思ったので一瞬でつながるのをやめてみました(笑)。

その強力な呪術の力は、「魔」的なものとつながって得ているんだ!…と、そのとき思ったことを思い出します。

その後、ランダの踊り手であり、ランダが魔女で「魔」とつながっている存在ということを聞いたので、なるほど~…と合点がいったのでした。

ちなみに、チョコルダさんのことも、行ったときにリーディングしたら、目力がめっちゃ強くて、体の内側(私の)にぐいーっと入ってきて、その目でギョロギョロと内側を見回して出ていく…という映像が見えたので(沖縄のユタの渡具知さんのときと似てる)、うわーこの人本物や!と思ったのですが…。

しかし、マンクさんの場合は、悪魔とつながって人間じゃない力を使ってる!ように見えたので、チョコルダさんはまだ人間だったので…その強烈さには格段の差があり、やっぱりマンクさんの力は尋常じゃないと思いました…。



さて、お寺で瞑想です。

バリでは、白と黒は善と悪の二元性をあらわす色で、祈りのときなどこの2色の色の布を身にまといます。

私たちも、マンクさんのところで白黒のバティックを巻いてもらい、呪文とマークが描かれた白い布をいただいて、マンクさん宅近くのお寺に向かいました。




最初は祭壇の前に座ろうとしたのですが、雨が降ってきそうだったので、屋根がついている舞台の上に移動。

ここで皆で一直線に並びます。


各自の前にはお供え物が置かれます。

マンクさんの親族の方やお弟子さんがたくさん集まってお手伝いをしてくれます。

夜中にありがたや~。


なんと!瞑想に入る前に、一人一人にマンクさんが「気」を入れてくれるということに…。

いつもは瞑想をするだけで、こんなことをしてくれるのは珍しいそうです。

うれしい!

大村さんはマンクさんに特別の儀式をしてもらって、石を飲ませてもらっていました。

いいなあ~、うらやましい…。

一人ひとり、マンクさんの前に進み出ると、白い何かの汁で額に何やら呪文を描いてもらいます。

そのあと、額に向かって口をあて、「グヲー、グハー」を息を吹きかけて気を入れてもらいます。



私の番。

私の額に呪文を描こうとするマンクさん。

だがしかし、ちょっと待て!(ちょと待て、ちょと待て、お兄さん♪)

みなさん、わかりますか!?

私の顔がおかしなことになってることが…。

拡大して見てみましょう。


舌ベロが出てるみたいになっています。

そして右下に怪しい影。

その中に顔が写っているのがわかるでしょうか??

これね、ガイドのスパさんに見せたら「ドゥルーガだ!!」と。

ドゥルーガとは、先に説明した通り、ランダと同一存在。

シヴァの奥さんでシヴァの破壊的な一面を表している女神のこと。

それはこんな顔…↓ 



舌ベロが出た姿で現されています。

このお面とか像とか、よく見かけますよね?



正面から見た顔はこちら。

右下の影の中に、この顔がうっすら写っているの見えますか?

しかし、丸で囲まなかったけど、その上に、マンクさんのようにみえるおじいさんのような顔も写ってますよね。

マンクさんが一瞬でドゥルーガに変身したような…。

マンクさんが呪文を額に描いて気を入れる、という行為のときにも、マンクさんはランダ(=ドゥルーガ)とつながってその力を発揮していたのだろうか…。

その一瞬をとらえてしまった写真なのか!? 

不思議なことがあるもんです…。



気を入れてくれたあと、じっと目を見て「どうだ?」と聞いてくれたマンクさん。

「万が一、息がくさかったら嫌だなと思って息を止めてしまったことを後悔しています、ちゃんと気を吸い込んだらよかったです、マンクさんの気は私にちゃんと入りましたか?」とも言えず。

「あ、暖かい感じがします」

というと、にっこり微笑んで、そうか、そうか、とうなづいてくれたマンクさん。

あああ~~~、マンクさんごめんなさあい(涙)。

息を吸い込まなかったことで、この大事な気が入ってなかったらどうしよう~!

くだらない思いでいっぱいになりながらの瞑想タイムに突入…。

つづく…。

明日は開運ツアーで、もう午前2時半になっちゃったので、寝ます!

マンクさんが消えた話はまた明日!(か明後日かしあさって(かそのあと))

ということで、おやすみなさーい、まったね~。

------------

マンクさんに会いたい!バリの神秘を体験したい!という方は、クラブワールドさんがこのツアーと同様の内容で(私のヘミシンクはありませんが・笑)5月7日(木)~12日(火)でバリ島スピリチュアルツアーをされるそうなので、ご興味のある方は見てくださいね~(もちろん!ステマじゃないよ・笑)。