ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2015年2月26日木曜日

方位効果はまだまだ効いてる!&MSNで過去に連載していたコラム再掲載

こんにちは、あべけいこです。

本日もバリ報告はお休み!

今日は「まだまだ方位効果効いてるやないかーい!」の件。

いえね、昨年から私は「そろそろ方位が効かなくなる時代に入ったらしい」と伝えてきたではないですか。

実際に、科学的には地球の磁場が急速に弱まりつつあるそうで・・・。

(関連記事はコチラ

結局、方位術で私たちが吉方位だの凶方位だの言っているのは、地球に張り巡らされた地磁気がもとになっているわけですよね。

というのは、「気」に法則性をもたらしているのって、地球を覆う磁場のせいだと思うわけです。

でも、この磁場が弱まる・・・ということは、これまで一定を保っていた気の流れが乱れてくるってことですよね。

ヒーラー恒美麗子さんからいただいた情報で、私は昨年からちょこちょこアセンションについて書かせていただいていました。

7~8年前から地球を覆う膜に穴が開いて、宇宙のエネルギーが地球に届き始めた・・・という話ですね。

昨年の4月には、すっかりこの膜がなくなって、完全に宇宙エネルギーに地球が満たされてしまった!・・・ということでした。

恒美さんのいう「地球を覆う膜」というのは、おそらく「磁気圏」のことなんですね。

科学的にも実際に2008年ごろ、磁気圏に穴が開いているのが見つかりニュースになりました。

(関連記事はコチラ

地球を守ってくれている磁気圏に穴が開くということは、太陽粒子が直接地球に届くということで、これによって通信網の乱れが起きたり衛星に影響を与えたり、私たちの肉体にも有害な影響があるんじゃないか・・・なんていわれていました。

現実的に起きているこれが、スピ的にいわれている「宇宙から生命エネルギーが流れ込んで地球の周波数を上げている」状態なんだなと思います。

今まで磁気圏に守られて地球に届かなかった宇宙エネルギーが、磁気圏に穴が開くことで届き始めて、これが私たちの肉体や精神に影響を及ぼしている。

通信や電波、あるいは機械や物にも影響を与える。

スピリチュアル的には、この宇宙エネルギーとは高次の周波数で、私たちが次の次元に行くために周波数を上げる必要があり、その手助けをしてくれるものだというわけです。

この高次の周波数は、私たちを本質に戻していくエネルギーで、すべての制限や縛りを解いていく。

法則性のない世界になっていく。

すべてから自由になって解き放たれる・・・それが新しい地球。次の次元。

この法則を解いて、自由で制限のない地球が作られるのって、要は、地球を一定の法則で回っていた地磁気がなくなるってことなんじゃないかって・・・私は思ったわけです。

地球は磁石だから完全にはなくならないのかもしれないけど・・・。

そもそも、南極と北極が入れ替わる「ポールシフト」がいつ起きてもおかしくない状態だっていわれているけど・・・。

いずれにしろ、磁場は弱まって、法則もなくなってく。解き放たれていくのが今後の地球。

だとすると、気学やその他の方位術が使えなくなるという話も頷ける。

一定性がなくなるから、これまでのように「いつの時期にはこういう運が回る」っていえなくなるからね。

だから、今後はもう占いにも方位術にも頼れなくなって、自分を信じるしかなくなる!

そんな世の中が、もう間近に迫っているわけです。

自分を信じるっていうのは、自分の直感や感覚を信じるってことですね。あとは、外からのメッセージに敏感になるってこと。

たとえばさ、「頭ではこっちって思うんだけど、でも気持ちはこっちなんだよな~」っていうとき。

絶対に気持ちを信じるべき。

直感やメッセージは、気持ちを通してやってくるものです。

どうしてもこれをしたい・・・これはしたくない・・・急に今やりたくなった・・・どうにもやる気が出ない・・・もみんな直感。内なるメッセージ。

私たちに理解できること、頭でわかることはほんの少し。

まっすぐの道の先までしか見えてなくて、曲がった先に何があるかとか、どんな道になってるかもわからない。

だから、よかれと思ったことが悪いことにつながっていたり、最悪と思ったことが最高のことにつながっていたりもする。

だから、起きていることはどんなに最悪と思えることでも意味があること!

それは、今じゃなくて何年か後にわかったりする。

今だけですべてを判断しないほうがいい。

えーっと、話が飛んだ!

それでですね、要するに何が言いたいかというと、そんな風に方位が効かなくなって自分を信じるしかなくなる世界が始まりつつあるけど、でもやっぱりまだ方位効いてるよ!!!って話。

(爆)

私は気学はもうかれこれ16~17年くらいやっていますが・・・。

行くたびに起きる現象を観察していて、膿み出しや効果の出方のパターンも飲み込めているので・・・。

効かなくなるときは敏感にわかると思っています。

いまなんとなーく感じるのは、日盤はあんまり効かなくなってるかな~ということ。

でも、気学の日盤は徳川家康が庶民に使えないように崩してしまって、普段私たちが使ってる日盤は間違ってるという説も聞いたことがあるので、こればっかりはやや自信ない。

でも、多くの人がこの日盤を信じて使っているというところにもエネルギーが発生するから、たとえ間違った日盤だとしてもまったく効かないってこともないと思うんですよね。

実際私は、普通に気学で使われている日盤での五黄や暗剣を実体験してるしなあ~。

しかし、最近、「五黄だ」とか「暗剣だ」という方位に行っても、何にもなかったり、むしろよかったりということが何回か続いているので・・・。

昨日も暗剣の北西にまつげエクステに行って、そのあとスタバで長時間ノマドをして帰ったけど、何もなかったしなあ。

良い買い物もしたし。

距離にして1.5kmくらいだから関係ないのかしらん。

ふだんあまり気学の日盤は意識しないで行動しているからわからん。

ちなみに、奇門遁甲の時盤でも金函玉鏡でも、昨日の北西は大凶だった!(汗)

あとで嫌なことがありませんように(アーメン)。

話が飛びすぎなんですが・・・なんで方位がまだ効く!!って思ったかっていうと・・・。

要するに、膿み出しがあったんですね。

キョーレツな(トホホ)。

いつの膿み出しかっていうと、昨年12月のバリのですね。

バリは、私は年盤一白、月盤四緑の大吉方位で行きました。

ちなみに金函玉鏡でも吉。

奇門遁甲ではイマイチというか凶。

金函と奇門の暦の矛盾という問題に直面していますが、それはおいておいて。

以前にもブログで何回か書いたけど、私は四緑の方位に行くと、本当~に人とトラブリます。

ふだん、人と揉めないように気を付けて暮らしているのだけど、そんな私でも四緑をとるとてきめんに揉めます。

揉めるというか、何かしら人間関係の問題が出てくるってことですね。で、縁が切れる。

時期的にはぴったり。

行った月を1か月目と考えて4か月目に効果が出る・・・と考えたらよいことがあるのは3月。

そしてその直前、たいてい3か月目に膿み出しは起こる・・・と考えたら悪いことがあるのは2月。

これか~。

方位のせいにして言い訳してるみたいですがそんなつもりはなく、結局は全部自分のせいとは思ってます。

因果応報・・・すべての原因は自分にあり、すべて自分にかえってくる・・・まさに。

今回も(今回は特に)100%自分が悪いので・・・落ち込みようが半端なく・・・毎日ため息をついている次第。

自分が悪い時って、どこにも気持ちの持っていきようがないので、他人に嫌なことされたときよりつらいですよね。

状況がつらいというわけじゃなくて、人を嫌な気持ちにさせたこと、傷つけたことが・・・。

本当に本当に申し訳なく・・・。

わたしは開運の先生のはずなのに~~~~~(涙)。

また、ついつい人にいい顔をして、その副産物として本当のことを言えない、結果ウソじゃんそれってなる自分の卑怯さ・・・。はあ~~~。

落ち込んでいても仕方がないので、過去は振り返らず、謝罪は謝罪できちんとして、次に同じ過ちを繰り返さないようにしよう!と思っています。

でもね、ふと考える。

これは膿み出しなんだろうか?と(今さら!?)。

というのは、ちょっと膿み出しにしてはキョーレツすぎ。

ふだん、膿み出しってショックはショックだけど、その人の運には大筋関係ないことで起きるものです。

だから、人間関係で出る場合は、正直こんなことをいうと相手に失礼だけど、縁が切れてもノープロブレム!の人との間で起きることがほとんど。

積極的に縁を切る気はないけど、いてもいなくても別に…って人。

だから、嫌な思いしたけどいいや!って思える(だからこそ膿み出しだ!と思えるともいう)。

でも、今回の私の膿み出しは・・・うーむ・・・大事な相手と・・・。

なので、これ、膿み出しじゃなくて凶効果じゃんね??と思う向きも。

というのも、今年1月に月盤本命殺、日盤本命的殺、奇門遁甲も金函玉鏡でも凶!という、どっからどう見ても凶方位に1泊旅行で行ったのです。

方位悪いのは知ってたんですが、そこに行きたかったのと、行くべしっていうメッセージがあったので・・・。

本命殺は自分の間違った行動で問題を引き起こす、本命的殺は誤った情報や間違った思い込みによって問題が起きる。

今回起きた出来事はまさに・・・それだ・・・。自業自得。因果応報。

なので、凶効果と膿み出しがミックスで起きるバージョンというのもあるのかな~と、また新たな考察・・・。

奇門遁甲の日盤で効果が出るのは1か月半~2か月後くらいだから、こっちも出てるなあ。

行った場所は西と南西の境目なのでどっちの運も出ると思いますが、西だと傷門・丙丙で、焦って失敗して人を傷つけ自分も傷つけられる!という意味でまさしく・・・。

南西だとこっちは生門・甲甲で悪くなく、よい人と巡り合うという意味だけど、星門反吟という凶格がついている(最近よい人とも巡り合ったそういえば)。

バリの南西に回っていた月盤四緑と年盤一白の膿み出しとそのあとに起きる吉効果と、1月の旅行の月盤と日盤の凶効果、そして奇門遁甲の吉と凶の効果はみんな似た感じで・・・今回起きたことの説明がつくなあ・・・。

やっぱりみんなどれも効いてると思う。

しかし・・・思うところがあり。

起きることにはすべて意味がある!

意味があったらしいです、このことにも。

どうしてこうなった??どういう意味があるの?ってガイドに聞いたらね、納得・・・しました。

なーる、と。凶効果を得るためにあえて行ったのか~と・・・。

なんかね、結局は自分のせいで人を傷つけたことを方位やら意味づけやらで言い訳しているようなブログになっちゃったけど・・・。

方位と行動と人の人生に起きること、もともともその人が持っている運って、密接に絡み合ってるんだなっていう、また新たな気付きを得た・・・ということで、おしまいにしたいと思います。

あ!

一つ大事なことを忘れていました。

以前、MSNのライフスタイルで連載していた人生相談コラム、掲載ページがなくなってしまったので、改めてHPで少しずつアップしていこうと思います。

第1回目はこちら。

頑張ってきたけれど社会的にも経済的にも成功していない人生がつらいです

よかったら読んでくださいね。

また書きます!

では~!