ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2014年8月8日金曜日

クレッググループセッション報告とブロックが外れる夢

こんにちは、あべけいこです。

ほほほ、今日は真面目に予告通り更新よ❤

ああ~、何かにせかされないのっていいな。

専業主婦ってこんな感じなのかあ~、って、主婦をなめるなと怒られそうな発言。

いえね、さっき、奇門遁甲から帰ってきて、夫を出張に送り出し、レンタカーを返して買い物に行って、洗濯物を取り込んで、シャワーを浴びてランチを取り・・・そして今。

とーっても落ち着いた気持ちでブログを書いている・・・。

あな幸せや。

あれやらなきゃ!これやってない!あ~、ヤバいこっちも・・・ってのが自分の日常だったわけですが、ふと今、そうじゃない自分がいまして。

あれ~、なんだこれ。

こういう生き方も選べるんだ、というか・・・なんだろう、これまで常に「自分がやらなきゃ」という強迫観念??「休んだりしたら大変!」みたいな無意識??に突き動かされてたのかな、って、なんか思う。

もっと前はもっと焦ってて、心がいつも落ちついてなかった。

ブロック外れて焦らなくなってもまだバタバタしてて「だってやらなきゃいけないから」って言いながら、「あ~のんびりしたい」と思ってた。

火星が移動したせいもあるだろうし、例の仕事が手離れしたせいもあるだろう。

でも、そういう外側のことじゃなくて、心が落ち着いていて焦らない。

「今」にいる感覚??

なんというか、周りの景色がこれまでよりゆっくりというか、はっきり見えている感じ。

ゆったりしている。

これは・・・やはり・・・おとといのクレッグのグループセッション効果なのだろうか。

そう、今、私が神とあがめているお方、セドナのヒーラー・クレッグ・ジュンジュラスさんが来日されてるのですね。

クレッグの来日は恒例ですね。

年に3回くらい日本に来て、1ヵ月くらいセミナーやセッションを行ってらっしゃいます。

先日の癒しフェアでは300人ものお客さんが集まったそうな。

クレッグの輪が広がって、どんどん幸せを感じられる人が増えていったらいいなあと、心から思います。

(クレッグさんの情報はコチラから)

さて、今回のグループセッション。

すごいなあ~と改めて思ったことがありました。

ここ2~3ヵ月、ずっと喉の調子が悪かったんですね。

喉の調子が悪かったというか・・・。

何が効いたのかわからないんだけど(前回のクレッグのセッションか、恒美麗子さんのセッションか、はたまたCE5コンタクトのグレゴリー・サリバンさんの連れてるETIのせいか、これら全部のせいか・・・)、4月か5月くらいから、ふと気がつくと、もわもわ~っと喉を通っていらないエネルギーが抜けていくのを感じるようになったわけです。

毒素が息に混じって抜ける感覚。

特殊な息の状態というか・・・。

もわ~んとする。

それがはじまると、「あ、クリアリング始まった~」と思う。

ちょっと前からこの「毒素が抜ける感覚」、あったんですが、それを感じる機会が多くなったというのか、ここのところいつも感じてた。

で、喉から胸にかけてすんごく詰まってるというか、張りを感じて、「第5のブロックがはずれかけてるんだなあ」と思っていたわけ。

ときには、もわもわ~んのクリアリングが激しくなると、むせてせき込んだりね。

風邪でもないのにゲホゲホしてたわけですよ、最近ずっと。

そしたらさ、クレッグがセッション中に「あなたののどのブロックをはずす手伝いを今してるんだけど」って言いながら、手をひゅっとこっちに伸ばしたらさ、本当、その瞬間からすーっと喉が開いて、息がすんごくしやすくなったの!

器官が開いた感じ。

なにこれ?すごいんだけど。

で、家帰ってきたらさ、いつももわもわ~ん、ふーって、毒素を抜く独特の呼吸法やってたのが、喉が詰まってないからやる必要ない!!

てか、のどがスーッとしてる!

普通になってる!!!

と、本当にびっくりしたわけ。

私ね。

こういうことを仕事にしていたり、開運を教えていたりするんだけど、本当のこと言って、いつも最初は信じてないの。

どっか疑ってて、ホントかな~?から始まってるの。

クレッグも、これだけセッションを受けて、これだけ変わって、現象が起きていても、どこかまだ疑うわけじゃないんだけど、目に見えないことだから、気のせいの特大版??みたいな感覚??(というと語弊があるが)

しかし、今回みたいに明らかに、病院行って酸素吸入器つけたみたいに、使用前正午の体感が違うと、これもう、信じないわけにはいかないよねって気持ちになった。

もちろん、これまでも信じてるから、通ってるわけだし、皆にオススメもしてきたわけだけど。

でも、それくらい今回は体感が顕著だったし衝撃的だった。

第5チャクラのブロックには、随分と前から気がついていた。

ちなみに、あんまりチャクラとかわからない人のために補足をしておくと、第5チャクラは喉のあたりにあって、主にコミュニケーションや自己表現をつかさどるもの。

ここが詰まってたり不活性だと、言いたいことが言えなかったり、自分を表現すること、しゃべったり書いたりすることに対するブロックがある・・・という感じになります。

私はそもそも、高校生の頃から作家になりたいという夢がありながら、書くことに対する恐怖??というかブロックを感じていた。

書きたいけど書けない。

書くことが好きだけどつらい。

書くことから離れられないのに、書くことが自分に苦しみを与える。

もうずーっとジレンマだった。

これが第5チャクラのブロックとわかったのは、最初はヘミシンクから。

ヘミシンク聴いて、変性意識状態になると、喉が詰まって息が止まるわけです。

ぐ、ぐるじい・・・となって意識が覚醒してしまうことが何度も。

ずっぽり変性意識状態にハマってるときは、ものすごい強風の中に立ってて、そのせいで息ができない・・・みたいな映像を見ることもあった。

最初は、自分、無呼吸症?と思ったりもした。

けど、そのうちだんだん、ああこれ、喉のチャクラがつまってるんだわとわかるようになった(まあ、それ以外でもあっちもこっちもブロックだらけだったのでね、ここだけに注目していたわけではないですが)。

前にブログでも書いたかもしれないけど、その昔、中世の頃のヨーロッパで戯曲家だったことがあったようで。

その時の体験が、書くことのブロックになっているようでした。

過去ブログ読み直してみたら、しっかり書いてましたね。

その話はコチラ

要約すると、自分では素晴らしい!と思うものが書けたのに、王様の怒りを買って、左腕を切り落とされてしまい、それが原因で死んだ・・・というヤツね。

だから、自分が本当に書きたいと思うことを書けない・・・書くことが怖い・・・という。

最初にこの戯曲家の過去世を見てくれたチャネラーさんは、もうかれこれ14~15年くらい前のことですけど、何も私の職業(ライター)や夢なども知らないのにこの話をしてですね、「だから、その後も、何回も書くことを職業として生まれてきて作家を目指すけど、挫折して亡くなるという人生を繰り返してきていて、書くことに対する執着を持ってる」というような話をされたんですね。

めっちゃくちゃ納得したよね。

で、なんだったっけ??

そうそう、つまり、そのくらい、第5チャクラのブロックは私のテーマだったわけ。

いや、第1と第2にもブロックが多くて、女性性や恋愛に関する悲しみや子供を持つことの恐怖もまた一つの私のテーマなわけなんだけども。

しかし、話がここでまた思いっきり飛びますが、私のホロスコープ上で、土星は第5ハウスにあるわけです。

土星って、人生の勉強のテーマを表しているんですけども、簡単にいうと、土星がいるハウスの事象が、その人の人生における困難な出来事を表すわけです。

で、第5ハウスの表すことって、恋愛、遊び、子供、創造性、クリエイティビティ、物語・・・。

私のブロックである「書くこと」「小説」「子供」「恋愛」「楽しむこと」って、みんな第5ハウスの象意!!

うーん、やっぱり星は面白いな。

私はもともと、これらが不得意で、これらに取り組むようにって、生まれてきたんだなあ~。って、今改めて思ったよ。話が飛んだわ。

えっとー、つまり、そうそう。

最初は第1や第2チャクラのブロックはずしから始まって、やっとここがクリアリングされてきたから、いよいよ第5、みたいな感じかなと。

自分をもっと表現していきたいし、本もコラムも(もちろんブログも)書きたいし、広がって行きたい!という意識を、常に押しとどめる無意識が、この第5のブロックだったわけですよ。

しかし、最近、自己クリアリングも進んできて、より自分を解放できるようになってきて、書くことも恐れずできるようになってきてですね。

もうあと一押し!と思っていたところに今回のグループセッションだったのでね。

喉のブロックを外したので、あなたは真実を書くことを恐れなくなる・・・というようなことを言われました。

そしていつも通り、エネルギーを送ってくれるクレッグは、まっ白い霧がかかったようにぼやけて、エネルギーで部屋全体がぐにゃぐにゃになって絵みたいになって、まーすごかったよね。

ほんま、神やわー。

でね、面白かったのが、グループセッションの参加者の方の多くが、私と同じように、書くこととか自己表現とかについて言われてたこと。

「私と同じテーマだわ~」とか思いながら聞いてたりしてね。

意味があるんだなあ、今日来たことに、と思いました。

大阪の開運塾のお客さんとも再会して嬉しかったし。

(余談ですが、「すごくよくなったんです~~~!!!何もかも変わりました!」って報告してくださって、本当嬉しかった!よかった!!)

まさかの号泣、されてる方もたくさんいました。

私も経験ありますが(クレッグセッションで)、泣くつもりも予感もまったくないのに、口を開いた途端、号泣・・・。

ほんと、「まさかの号泣」がピッタリくる体験。

自分の頭では理解できてなくても、心の内側・・・魂ともいうし、インナーチャイルドって言ってもいいのかな。

そいつが癒されて、感情のフタが空いて、泣いちゃうんですよね~。

ティッシュケースが参加者の間を回ってました(笑)。

クレッグのセッションを受けた翌日とか、ブロックが外れる夢を見ることがしばしばあるんですが、今回は不思議だったのが、未来世の夢でした。

でも、明らかにブロックが外れる夢だったな。

あのね、ブロックが外れる夢というのは・・・過去ブログを参照ください。

過去世のトラウマを再体験するリアル感満載の夢のことですね。

今回は未来世のトラウマだったみたいだけど・・・。

近未来・・・クラウドアトラスのネオソウルみたいなイメージ。

近未来チックな服を着ていて、今の夫が未来世でもやっぱり夫で。

暗い夜の空に、一発のミサイルが打ち上がる。

青白い光がひゅーっと伸びて行って、花火みたいにはじけたら、銀色の鉛が無数に落ちてくる。

それにあたると、死ぬ。

街を逃げ惑う人々。

私も必死で逃げて、エレベーターに乗り、高層階にある自分の家に命からがら帰る。

夫が血相を変えて誰かと話していて、私に、全部で4発のミサイルがそれぞれのビル?に向けて打ち込まれることになると教えてくれる。

うちのビルは2発目。

もう避けられない、死ぬのか・・・と諦めに似た気持ちで目が覚める。

夢は明らかに未来だった。

でも実は、時間っていうのは幻想で、本当は過去も未来も今も一緒にある。

時間の流れは直線に進んでいるように感じているだけ。

っていうから、未来の自分から来るブロックが癒されたのかな??

また話が飛びますが、クレッグセッションに行く日の朝、明らかにブロックが外れる夢を見たんです。

やっぱり時間の流れがおかしくなっているのか?

なぜか、クレッグセッションを受ける前にもう見ちゃったんだけど。

クレッグセッションじゃない何かが効いたのかなあ。わからんけど。

どんな夢かっていうと・・・。

内戦が行われている・・・アラブとかオリエンタルな感じの国。

銃撃戦が始まったので、うちの二匹の犬(オーシャンとネネ)を連れて、建物の中に避難。

そこで、オーシャンとネネを兵士??か役人か、そういう人たちに預ける。

預けなくちゃいけないというか、預けたほうがいい、みたいな感じで。

銃撃戦が終わって、オーシャンとネネを連れて家に帰ろうと思って、二匹を探すけど、どこにもいない。

さっき、誰かに連れられてる姿を見たのに!

いない!

焦って、オーシャン!ネネ!と叫びながら建物の中を捜しまわる。

どこを捜してもいない!!

全部探したけどいなくて、周りの人に聞く。

知らないという。

たくさんの死体がさっきまで道路とかにあって、殺されてその死体の中にうずもれて、別の場所に運ばれたんじゃないかといわれる(自分でも思う)。

人に預けたことをものすごい後悔する。

オーシャン!!ネネ!!オーシャン!!ネネ!と大号泣しながら街を捜し歩く。

さっきまでいたのに・・・ここにいたのに・・・もうどこにもいない・・・死んじゃってもう二度と会えない・・・そんなのウソだ・・・でもどこにもいない・・・さっきまでいたのに・・・なんで手を離しちゃったんだろう・・・オーシャンとネネ・・・もう一度会いたい・・・どこにもいない・・・

って、街をさまよいながら大号泣・・・しながら目が覚めた。

夢とわかっても、ベッドの上で大号泣。

「うわ~~~~~ん、え~~~~~ん、うわ~~~~!!」と泣いてたら、夫がビビって隣りで起きた。

夢の中ではうちのワンコだったけど、たぶん、過去世では自分の子供。

人数は3人だったな。

子供を自分のせいで殺されてしまう・・・さっきまで一緒にいたのに・・・もうどこにもいない・・・。

もう、その感情たるや。

「絶望」。

人は悲しみを通り越すと絶望・・・するんだ・・・。

絶望って、この感情なんだ・・・なんて残酷なんだって・・・。

本当に、本当に思った。

絶望体験。

その日一日、このときの絶望感を思い出しては涙が出そうになった。

過去世でこの体験したんだ・・・と思ったら、なんて生きることって残酷なんだ、地球ってシステムは過酷なんだって思ったね。

文字にすると本当、薄っぺらいね。

とても言葉では言い表せない。

でもね、その夢を見て絶望のまま目を開けたらオーシャンもネネも近くに寝てて、「ああ、また会えた・・・」って思ったら、泣けて泣けて仕方無くて・・・。

「オーシャン、ネネ」っていいながら、なでまわし続けてたら「しつこ!」と逃げてった(笑)。

なんか、毎日、あれが足りない、これがうまくいってない、こうだったらいいって思ってるけど、もういいじゃん、そんなの。家族が健康で一緒にいられたら、それだけでありがたいんだよって。

なんか、本当に心から思った。

今、平凡に普通に生きていけていることに。

感謝だ~~~~~!!!!!

最後の方はだんだんわけわからなくなってくるマイブログですが・・・。

今日は書ききった・・・。

感が満載。

さて、これから、クレッグセミナーで毎回会ううちに仲良くなった“クレ友”と、クレッグセッション報告会のご飯会に行ってきます!

ではでは、また~~~!!!