ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2013年9月10日火曜日

奇門遁甲で西へ!そして産土神社へ!!

こんにちは、あべけいこです。

先週末、奇門遁甲で山中湖に行きました。

旦那さんが海外出張だったので、ワンコを連れて一路西へ・・・。

ワンちゃん連れなので、大きなドッグランのある犬連れ専用の宿に宿泊。

しかし、うちの子たちは喜ぶかと思いきや、肝っ玉が小さすぎて、ほかのワンちゃんにびっくりするわ、知らない場所でビクビクするわで・・・楽しかったんだかなんだかわかりません(笑)。

 
ドッグランで呆然とするネネとオーシャン

さて、今回の奇門遁甲は時盤、日盤ともに丁奇得使(ていきとくし)という文書や知恵、企画などに関するラッキーが得られる格。

過去に丁奇得使、あるいは丁奇昇殿(ていきしょうでん)を使った経験では、2回ともその後に出版が決まったのです。

(時盤、日盤ともに「丁」だけでなく、ほかの格との組み合わせでしたが・・・)

丁というのは文書や企画、知恵の格なのでね、試験に合格したい人とか、文書にまつわるチャンスを得たい人にぴったりなのです。

今回は、時盤と日盤に同じ丁奇得使が回る日時があったので、「これは!」と思い行ってきました。

さてさて、私の3冊目の出版が決まるでしょうか??

みなさん、乞うご期待~(笑)。

というのも、3冊目の出版に対するアクションを今のところ何も起こしていません。

いえ、ちゃんと構想はあるのですが、出版事情や版元の意向やと考えると、「こんな本を書きたい」だけでは通らないので・・・。

ということで、このあと出版話が決まれば、本当~に奇門遁甲効くな!!みたいな一つの証明になるかと思います。

2ヵ月後に決まれば日盤、2~3週間くらいで決まれば時盤効果というところでしょうか??

ということで、結果をしばしお待ちくださいませ。


さて、話はコロッと変わり、「産土神社(うぶすなじんじゃ)」です。

産土神社って知ってます?

これは、私たちが母親のお腹の中にいるときに母親が過ごした土地を守っている神様のことで、私たちの一生を守ってくれる存在です。

産土神様が自分の担当の神様で、願い事をかなえてくれたり、縁を授けてくれたりするのです。

氏神様はお参りしていたのですが、これまで産土神様はお参り等とくにしていなかったんです。

なぜなら、どこの神社が産土神社かわからなかったので。

単純に母親が私がお腹にいるときに住んでいた家から一番近い神社というわけじゃないらしいのです。

で、知りたいな~でもわかんないからいいや・・という具合に放っておいたわけです(神様すみません)。

ところが、先日、2人からほぼ同時期に、産土神様をフーチでリサーチしてくれる先生の話を聞いたのです。

そして「産土神様の威力はすげー!!」と・・・。

これはメッセージでは??と思った私はさっそく鑑定を予約。

約2ヵ月ちょっと待ち(3ヵ月だったかな?)、やっと順番が来たので行ってきたのです。

その先生の名前は山田雅晴先生

開運の大家でいらっしゃいます。

気学や四柱推命や姓名判断や、その他いろいろの手法をつかって開運する方法を教えていらっしゃいます。

私がお願いしたのは、今回は産土鑑定だけでしたが・・・。

しかし、先生の開運に関するお話を聞いて「わかるわかる!」「本当にそう思います!」と共感しました。


さて、私の産土神社ですが、東京都清瀬市にある日枝神社・水天宮でした。

奇門遁甲で山中湖に行った帰りに時間があったので寄ってみました。

そして、びっくり・・・!!

最初名前を聞いたときは正直あまりピンと来ず「ふーん」という感じだったのですが・・・。

カーナビに設定して、神社が徐々に近づくにつれ「あれ!?ここ知ってるぞ???」と。

なんと、その昔、約3年ほど仕事で毎月2回ほど車で通っていた道だったのです。

一時だけある漫画家さんの編集担当をしていたことがあり、この神社のわりと近くに住んでいた方だったので、隔週で原稿をいただきに真夜中に車で通っていたんですね。

真っ暗闇の中、「日枝神社、水天宮」と書かれた大きな看板が街灯に照らされていた場面がはっきりと頭に思い浮かびまして・・・。

「あ、あの神社だ!」と。

も~、本当に驚きました。

何も知らずに3年間、近くを車で素通りしていたなんて。

これ、偶然とは思えません。

やっぱり、縁のあるなしってあって、引き寄せられたりするのかと思いました。

なんというか、その頃は仕事も大変、プライベート的にも悩みを抱えていた時期で、逃げるように仕事に没頭してめちゃくちゃな生活を送っていたときだったので・・・本当に真夜中2時に車で2時間かけて原稿を取りに行って朝方4時、5時に入稿作業して、家に帰って仮眠取ってまた仕事、みたいな。

まあ、ある意味正しい編集者の生活(笑)?かもしれませんが。

悶々と悩んで解決方法がわからず堂々巡りをしていた時期なので・・・車の中で音楽を聞きながらボーっといろいろ考えてたりね・・・。

なんか、その道を車で走りながら、そんなときのことを思い出してしまいまして・・・。

あのときも、近くで見守ってくださっていたのか!?と。

思ったら、涙が出そうになってしまいました。


神社の画像をアップしようと思ったら、どうしても写真が横にしか入らず・・・。

時間がないので断念。

そして、産土神社についてはまだ書きたいことがいろいろあるので、後日!

必ず!!

ではでは、また~。