ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2013年7月18日木曜日

“普通”という基準について



こんにちは、あべけいこです。

ヘミシンクセミナーの話や・・・

高野山の話や・・・

天空で今まさに起きているグランドトラインの話や・・・

書きたい話がたくさんあるのですが・・・

その前に、だいぶ前に書きかけて放置していたブログを完成させてアップします。
まあ、どうってことない話ですが・・・。


賞味期限が切れそうなフランスパンを、冷凍しようと思って切っていたわけです。

そのとき、

「普通はこのくらいの厚さかなあ?いや、こないだのレストランではもうちょっと厚かったような気がするぞ」

というふうに考えている自分に気がつきました。

あれ??「普通」って???

「いやいや、自分が食べやすい厚さ、食べたい厚さに切ればいいんじゃん!」

普通とかないし、ほかのレストランと関係ないし。

と思いながら、あー、これ、私の考え方、生き方のクセだなあ~と思ったわけです。


・・・そう、私は以前から「普通はどうだろう?」と考えがちなところがあります。

基本、何事も「普通」基準。

「普通、こういうことはしないんじゃん?」

「普通はこうするもんじゃん?」

「こっちがいいけど、普通だったらどうかなあ」

なんて具合。

しかし、私だけでなく、そのように考えがちな方は多いのではないでしょうか?


でもね、よく考えたら、「普通」なんてないんです。

いや、常識的に、って考え方はもちろんありますよ。

何事にも「標準」というようなものはありますしね。

だけど、「これが当たり前」「こうするべき」というような“普通”という考え方はね、本当はしなくていいんです。

「自分がどうしたいか」「どうだったら心地よいか」「都合が良いか」だけで考えればよい。

そこをね、つい忘れがちなんですね・・・。


そういえば、以前も友達が長ネギを青い方(頭の方とでもいうか)から切っていて、「そっちから切るの?普通お尻の方から切らない?」と言ったら「どっちでもいいじゃん。この料理には青い方が必要だったの」と言われて、「はっ!確かにそうだ」と気付いたことがあります。

なぜか頑なに「長ネギは白い部分から切るもの」という思い込みがあって、「どっちから切ってもよい」という、あまりにも当たり前なことに気がつかなかったんですね。


これ、実は、鑑定やご相談に乗っていても、ときどき感じることなのです。

自分がこうしたい、このほうが生き方として気持ちがいい、ということよりも、「普通はこうだから」「これが常識だから」ということに従って生きている方って、本当に多いです。

もちろん、常識から外れたくないとか、世間一般から見ておかしくないように生きたいという気持ちはわかります。

でも、それが行き過ぎてしまうと、自分を縛ることにつながって、「人生楽しめてない」「なんだかうまくいかない」ということになってしまうんですね。

なんとなくきゅうくつだなあ・・・人生楽しくないなと感じる方は、自分が“普通”という、あってないような基準に縛られていないか、ちょっと考えてみるといいかもしれませんね。


さて、まもなく水星が順行に戻りますね。

これについて、ちょっと面白い気付きがあったので、またのちほど書きたいと思います。

ではでは、また~!