ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2013年7月17日水曜日

奇門遁甲(きもんとんこう)で吉方位に来ています




おはようございます、あべけいこです。

最近またまたドタバタしており、書きたいことをため込んだまま、奇門遁甲(きもんとんこう)で吉方位に来ております。

先日、ヘミシンクセミナーを受けたので、それについてシェアしよう!とブログを書きかけなのですが、ひとまずこちらを先にアップします。


さて、今回の吉方位は南。

回っている格は、日盤が丙奇昇殿(へいきしょうでん)、時盤で神遁(しんとん)です。

日盤の天地は丙乙、八門は景門(けいもん)、時盤の天地は丙丁、八門は生門(しょうもん)となります。

今回の奇門遁甲の大きな目的は「求財」です。

日盤、時盤ともに天地盤の天となる「丙」は財を求めるときに使用するんですね。

この天盤「丙」が南に回ることを「丙奇昇殿」といい、財を求める力がさらに強力になり、財運がアップしたり仕事でのチャンスを得やすくなるといわれています。

八門の「景門」は、頭脳明晰になり発想力、直感力がアップします。

知識や文書、企画などに使える門ですね。

あと、華やかになり人気がアップするとか目立つとかの意味にもなります。

ただ、吉でなく中吉扱いで、トラブルややりすぎに注意。

企画力を得たい人、クリエイターや表に出る仕事をしている人にとってはよい八門です。


時盤の「神遁」は、天盤「丙」に八門が「生門」、八神が「九天」となる組み合わせのことをいいます。

これの効果は、簡単にいえば、強力な財運ですね。

私は勝手に「神がかり的な財運」と言っています(笑)。

他者からの援助があったり、棚ボタ的なラッキーがあったりして、財運、ビジネス運に関して強力によいことがあるという感じになります。


奇門遁甲は、古代中国から伝わったもので、古くは諸葛孔明が使っていた、なんて言われています。

このような占術はたいていそうですが、代々受け継がれている間に変化しているということで、諸説あります。

局の取り方が違うだとか、陰遁と陽遁の取り方が違うだとか・・・。

そういった細かい違いもありつつ、「そもそも、伝統的な奇門遁甲には時盤しかなく、日盤と月盤はあとから付け加えられたものだ」なんてことも言われています。

ですから、本当に効くのは時盤のみで、日盤はプラスオンくらいに考えておいたらよい、というような言われ方もされます。

以前から言っていますが、もうこれは実際に使ってみて、効果を体感するしかありません。

日盤はまやかしで、時盤しか本当には効かないのかとか・・・。


しかし、ここ数年実践し続けて感じるのは、やはり日盤の効果もちゃんとあるのでは、ということ。

というのも、ウッカリで時盤をうまく合わせられずに、日盤だけの吉効果を取って出かけたときも、確かに効果があったと思ったことが何度かあったのです。

 それにですね、今回の旅行でもそれを実感することがありました。

日盤ちゃんと効いてるのでは、と思うことです。
 
というのも、昨日宿についてから、急に「そうだ!」とひらめいたことがいくつかありまして。

それは、本の企画についてですが、「そうか、こういう企画がいいかも」と突然思いついたんですね。

で、今朝起きたら、さらに「そうか、こういうのもいいな」と重ねて思いつきました。

本の企画だけでなく、自分の人生や夢に関することについてもひらめきというか、気づきがあったんですね。

ああそうか~、そういうことか!と。

夢でもそれに関連するものを見て、朝起きて「わかった!よーし!!」みたいな感じでやる気満々に。

「なんか、こっちに来た途端、ひらめきまくりだぞ」と思ったわけですが、これについて「もしかして、景門が回ってる??」と思ったわけです。

で、星を見直してみたら、やっぱり・・・。

日盤の八門で景門が回っていたわけです。

これはやっぱり、日盤効いてるよな、と確信しました。


余談ですが「青龍返首(せいりゅうへんしゅ)」という大吉格は「末広がりに運気がよくなる」という開運効果の格です。

この格の特徴は「パッと大きないいことがあるのでなく、だんだんよくなり着実性が増す」という感じなので「これこれがあった!」という実感が実はあまりありません。

一方、「飛鳥跌穴(ひちょうてっけつ)」という大吉格は「思いがけないチャンス」という効果となるので、すっごく「ラッキー」と思えることが起き、「あ!これだ!」「効いた!」とわかりやすいです。

両方の大吉格が日盤で回っているときに何回か取ったことがありますが、両方いわれている効果を感じられました。

飛鳥跌穴では「いいことがあった!」と感じ、青龍返首では「イマイチよくわからないけど確かに前よりはよくなっているなー」と思ったことが何回も・・・。

ということもあわせて考えて、やっぱり日盤の効果はちゃんとあるんじゃないかなーと思ったわけです。


さてさて、実際の効果は、戻ってからだいたい2ヶ月後くらいに現れますから、今回の奇門遁甲でどんなことが起きるかは乞うご期待ですね。

昨晩と今朝のひらめきが生かされるなら、思いついた企画が通って本が出て、それが売れてお金が入ってくる・・とかかな~なんて。

まあ、2ヶ月では通常本は出ないので、もう少し長期的な話になるかと思いますが・・・。

この奇門遁甲の効果ならば、何らかの動きが2ヶ月後には起きているであろうと。



そういえば、ちょうど今、天空に木星、土星、海王星のグランドトラインができていますね。

今は、たくさんの人にとって、夢がかないやすいときでもあるんですね。

この星の後押しを使って、どんどん行動を取ると、良い結果になりやすいでしょうね。


昨日、今日、明日くらいで「ラッキー!」「夢がかなった!!」と思っている方。

それは本物です!

取りこぼしのないように、さらにしっかり固めていきましょうね。

このグランドトラインについては、また改めて書こうと思います。


それから、昨年7月29日の大吉格のまわった奇門遁甲で、「私はかえって悪いことが起きました!」という読者の方からの体験もいただいたので、これについてものちほどシェアしたいと思います!

書きたいことがいっぱいだ~。


ではでは、また~!!