ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2013年5月31日金曜日

金函玉鏡による6月前半の開運方位



こんにちは、あべけいこです。

今日は、金函玉鏡(きんかんぎょっきょう)による開運方位をご紹介しようと思います。

金函玉鏡は、東洋占術師の林巨征先生のご著書『現代方位術大全』で紹介されている、非常に行いやすくて効果の高い開運術です。

古代中国が発祥の占いや開運術は、長い時間をかけて語り継がれているうちに、改ざんされたり、あとから付け加えられたり、いろいろな流派が出てきたりして、説もさまざま。

いったいどれが正しいの!?と混乱することしきりですが、論より実践、というわけで、私はともかく自分で試してみています。

効くと思いながらやってるからプラシーボ効果なんじゃないの!?と思ったり、たまたま偶然が重なっただけかもしれないなどと、最初は疑いもありました。

でも、繰り返しやっていると特徴というか出方がつかめてきて、これはやはり効果があるなと思わざるを得ない、という感じになっております。

気学はもう15年ほど行っているので、出方にしろ、効果にしろ、膿み出しにしろ、もうばっちり理解をしております。

奇門遁甲も初めて行ってから7~8年、真剣にやり出してから4~5年くらいは経つので、だいたい効果の出方や時期はわかっています。

ここ2~3年、ものごとの進む速度が速く、願いが驚くべきスピードでかなってきている理由の一端は、やっぱり奇門遁甲効果かなと思います。


で、今とっても興味があるのは金函玉鏡。

これもとても効果が高い開運術。

わりとすぐに「ラッキー!」「やったー!」と思うことが起きるそうです。

「そうです」というのは、実はまだ数回しか試したことがないから  。

ただ「効く!」という話だけはよく聞きます。

なので、これから集中的に試してデータを取る予定。

これ、日帰りでできますし、車や電車に乗らずとも、歩いたり自転車で移動してもOKなので、すごく手軽なんですよね。

ちょうど明日は土曜日でお休みですし、みなさんも試してみられてはいかがでしょう?

6月前半の金函玉鏡の吉方位は下記の通り。

効果は細かくは変わるのですが、おおむね何にでも効くので(財運、仕事、喜びごと、恋愛、結婚、人間関係、諸事)ここでは省略します。

  
61(土)北西・東南 出発=10時・14時・16

62(日)東 出発=8時・12時・14
 
63(月)北西・東南・西 出発=6

64(火)西 出発=6

65(水)北西・北 出発=10

66(木)南西・西 出発=12

67(金)南西 出発=8時・10

68(土)南西 出発=8

69(日)北・東 出発=12

610(月)南西 出発=10
 
611(火)東 出発=8時・10

612(水)東南 出発=12時・14

613(木)南 出発=10

614(金)南 出発=12

615(土)北・南 出発=12


【やり方】
●自宅から見て上記の方位に向けて、上記の時間に出発する。自宅から見た方位は、あちこち方位で調べてみて。方位の取り方は風水45/45°に合わせる。
●設定した方位に向けて、
2時間程度の移動をする(移動の手段は何でもよく、徒歩なら8キロ程度、電車なら100キロ程度が目安​)

●家を出る時刻ではなく、乗り物に乗って出発する時間を上記に合わせる。徒歩の場合は家を出る時刻(前後30分くらいはずれてもOK)
●目的地についたら、2時間以上滞在する。1泊滞在してもよい。できれば近所の神社仏閣に参拝して帰る


私もこの土日に試してみようと思います。

効果のほどは、また改めてご報告しますね~。

ではでは^^